しっとりした洗顔料が肌の乾燥を招く

洗顔料には色々なものがありますが、しっとりした洗顔料とさっぱりとした洗顔料など多種にわたっています。

しかしそれぞれの洗顔料でどのような違いがあるのでしょうか。

多くの人はしっとりした洗顔料のほうが肌のうるおいを奪わずに、優しい感じがするみたいで、とにかく肌に気を使うという大人の女性には好まれるようです。

ただ洗った後のしっとり感を与えているのは、実はほとんどが洗顔料に含まれている油分であり、はだのうるおい分とは違います。

ちなみに私達の肌にとって大切なうるおいのもとは水分なので、油分が残ってくれてもあまりありがたい話ではないと思います。

洗顔料はあくまでも汚れを落とすためのものなどで、落とすものはしっかりと落として、そのあとはしっかりと保湿化粧品でうるおいを補うものになります。

こういった合理的なシンプルな考え方のほうがいいと思います。

しっとり洗顔料の問題点

しっとり洗顔料の問題点は肌に油分が残るために、どの程度肌の汚れが落ちているのかわかりづらくなることです。

洗顔のときは汚れと一緒にセラミドなどの肌の天然のうるおい成分も流れてしまいます

その流出を最小限にとどめながら、洗顔を終わらせなければいけません。

ところが洗顔料の中には油分が入っていると、いつまでも指先に油の感触があるので、のんびり洗っているうちに大切な潤い成分が流出しても気がつかないと言うことになりかねません。

肌の潤いを守るためにはセラミドなどの保湿成分が一緒に流れてしまうと言うことを忘れないようにしましょう。

最近はメイク落としはさっぱり系にして、洗顔料はしっとり系を使用するようにするのがトレンドのようです。

しかし肌のためにはメイク落としはマイルド系にして、洗顔料はさっぱり系にしたほうがいいと思います。多汗症対策