肌がきれいと美白は別物だと理解しよう!

肌がきれいな人って女性なら誰でも憧れてしまいますよね!

ではあなたが思う「肌がきれい」ってどういった肌のことを思い浮かべますか?

多くの人はシミがなく、ムラのない美白肌だと答える人が多いようです。そういわれると確かにそのような肌を想像するとキレイな肌だと思いますよね。

ただ実際には肌が白いというのはそんなに関係は無いです。

肌が白いというよりも、つややかな肌というのを意識したほうがいいと思います。

そのためキレイな肌を目指すなら、肌の色が白いというよりも、どれだけツヤのある肌を実現できるかと言うことが美肌へのポイントになってくるのではないでしょうか。

きれいな肌の条件とは?

そもそも肌にシワやたるみ、ニキビがあったりすると肌に凹凸ができるので、光をキレイに反射してくれないのでキレイに見えません

反対に肌に凹凸がないと、浅黒い肌の人でも光をキレイに反射してくれるので、輝きのあるつややかで美しい肌に見えます。

むしろちょっと浅黒い肌のほうが光のコントラストがキレイに見てるので、輝いて見えたりしますよね。

美白ブームと言うのがあったので、肌がきれいイコール美白というイメージがありますが、色だけが肌がキレイな要素ではないということです。

凹凸の少ない滑らかな肌だと、同じ方向に光を反射することができるのでさらにツヤが際立つと思います。

女性の美しい肌を表現するのに「白い陶器のよう」と表現することがありますが、凹凸の無い肌を表現するにはある意味では的を得ているのかもしれませんね。

きれいな肌の要素は「ツヤ」と「透明感」だということをしっかりと理解して目指すようにしましょう。

美肌の追求は美白とはまた別の部類に入ると思います。そこを混同しないように気をつけるようしましょう。化粧品のおすすめトライアルセット