肌の真皮ってどんな構造をしているの?

真皮の構造を知って置くと肌のスキンケアやシワなどの対策に非常に有効的だと思います。

真皮の構造としては主に、コラーゲン繊維とエラスチン繊維と繊維芽細胞とヒアルロン酸と皮脂腺で構築されていると考えていいです。

あなたは上記のような物質が具体的にどんな働きをしているのかご存知でしょうか?

当サイトから具体的な真皮細胞にある成分の働きについて下記からご覧ください。

また是非スキンケアのヒントにしてみてはどうでしょうか。

真皮の構造と成分

コラーゲン繊維
真皮の弾力を保っている細胞になります。繊維芽細胞より合成される物質で、古くなったものは酵素などで分解されます。肌の弾力やシワに関係しています。

エラスチン繊維
コラーゲンの繊維をところどころでつなぎととめるようにして支えている細胞になります。ゴムのような弾力性と伸縮性を持っている物質になります。

繊維芽細胞
真皮の成分を作り出している細胞になります。また真皮の構造を繰り上げている効果もある細胞になります。

ヒアルロン酸
ムコ多糖類の一種のゼリー状の物質になります。水分を含む力が非常に強くて、肌のみずみずしさを保つ効果があります。年齢とともに減少するため、真皮の背水分も徐々に減っていきます。肌の乾燥と大きな関係があります。

皮脂腺
皮脂を分泌する細胞の集まりで、皮脂のケアなの中に分泌されて、毛をたどって肌の表面に排出されます。

上記のような成分をしっかりと理解しておきます。

コラーゲンやヒアルロン酸など美容でも有名な物質が多数あることから非常に大事な部分だと言うことがわかると思います。

肌のシワや乾燥と関わる部分が大きいので是非知っておきましょう。詳細はこちら